読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんになるわけないと思っていたのに2つも見つかったricoの日記

がん告知(ステージⅠ)を受けて生活が一変しました。毎日の思いを記録します。

2月8日(水)今後についての相談

手術後,自宅で療養することはボスに相談して決まっていた。

有給休暇がたくさん残っていたので

それで年度末までいけるだろうとなっていた。

それが

療養休暇をとるようにとの指導が入る。

今後,同じ立場の方がきちんと療養休暇がとれるように

などなど・・・

いろいろあるようだ。

指導を受けたらそうしないといけない。

自分が勤務していた以前の職場でも

その処理をしたことがあったが(しかも4件も・・・)

一言でいうと「めんど~~~!!!」

まず,診断書がなかなかでない。

お願いしてから2週間はかかる。

その間にも

「まだですかね?」と上から催促される。

そのわずらわしさを知っているので

有給休暇で処理をしたかったのだが・・・

 

術後1か月の療養ということで診断書を出していただくことになる。

診断書だけでなく他の書類も作り,診断書が出来上がるのを待ち,

すぐに提出するため

診断書と他の書類が違ってしまうと困るので

この後,

入院前と退院後に

診断書の文面について何度もやりとりをすることになる。

 

お休みをいただきます。

はいどうぞ

とはいかない面倒なところである。

 

見えないところ,気づかないこころでこうやって大変なことがあるんだね。