読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんになるわけないと思っていたのに2つも見つかったricoの日記

がん告知(ステージⅠ)を受けて生活が一変しました。毎日の思いを記録します。

2月10日(金)入院

予定よりも早めに配偶者と息子2号が迎えに来てくれる。

9時半病院到着。

入院の階に到着すると

事務担当の方に入院の書類を提出する。

 

助手の方が病室まで案内してくれる。

着替えをし,

荷物の整理。

病衣は一日100円で何度着替えてもOK。

私には袖と裾の長さが足りない。

靴下をはき,首には手ぬぐいをまく。

その後、下だけワンサイズ大きなものに交換してもらう。

これがゆるゆるで落ちそう・・・( ゚Д゚)

看護助手さんから施設についての説明がある。

ベット脇のところに引き出し,その中に金庫があり

下には冷蔵庫もついている。

テレビのカードで予約して冷やすらしい。

それが終わると

看護師さんが血圧を測り,検温。

薬剤師さんが薬の説明。自分が持ってきて預けてあった喘息の薬について話す。

栄養士さんが食事についてアレルギーを聞かれる。

アレルギーはないが,牛乳を飲むとおなかが緩くなることを伝えたら,

ヨーグルトに変更してくださる。

その後,レントゲンを撮りに行く。

配偶者と息子2号は特にすることもないのでここで帰宅。

昼食から食事がでる。

その後お昼寝。

オークマンを持ってきていたので聞きながら瞑想。

っていうか

瞑想しながら気づいたらまた寝ていた。

どれだけ寝られるんだ・・・わたし・・・

起きると夕食。

午後9時には眠くなり就寝。