読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんになるわけないと思っていたのに2つも見つかったricoの日記

がん告知(ステージⅠ)を受けて生活が一変しました。毎日の思いを記録します。

4月28日(金)TC療法2クール1日目 抗がん剤投与

TC療法2クール目です。

まず,血液検査をして,

その後,診察です。

先生と配偶者は初対面でした。

先生は,マスクをはずし,名札を示して丁寧にごあいさつしてくださいました。

 

白血球は,600→3400で問題なし。

血小板は,12.8→27.8で問題なし。

肝機能,腎機能も問題なく2回目の抗がん剤投与が決まりました。

今回処方されたお薬は,デカドロン錠4mg

次の朝から朝食・夕食後に1錠ずつ出されました。

 

前回は,白血球がかなり低くなったので,

今回は,血液検査をして注射ということがもう決定されました。

 

次は,いよいよ化学療法室へ。

途中でお水を購入します。

ベッドで横になり点滴をしてくださる先生の到着を待ちます。

血管がわかるように温めます。

なかなか出てこなくて

先生がペチペチ叩きます。

「ごめんね。ちょっと叩きますよ。」

と声をかけてくださいます。

前回点滴したところにトライしたのですが失敗。

申し訳ないほど先生が謝ってくださいます。

いろいろな場所をペチペチ叩き

やっと針が刺さりました。

よいイメージを描いて投与をしてもらいます。

 

初めに制吐剤を入れます。

これがとても眠くなります。

以前に花粉症の治療にも使われていたお薬だそうです。

看護師さんのお話を聞くのがやっとでした。

もう,爆睡!!!

 

次は,ドセタキセル130mg。

10分ゆっくり入れて,異常がないと通常の速度になります。

そうだ,水分を摂らなくちゃ・・・

ということで眠さをこらえて飲みますよ。

次は,エンドキサン1050mg。

これは,70分ほどかかります。

最後に生理食塩液を流して終わります。

ぐっすり眠っていたので

途中1度だけトイレに行きました。

 

終了後,

配偶者がお迎えに来てくれました。

前回よりも眠気が強いです。

でも

お薬は忘れずしっかりいただきましたよ。

帰ってからも眠くて眠くて

軽く食事をしてからお昼寝をしました。

 

吐き気はそんなに強くありません。

食欲はないのですが

軽く夕食を食べようと思います。

 

看護師さんによると

味覚の変化があるそうです。

料理の味見は家族にしてもらっていると伝えると

そうしてくださいとのことでした。

 

今のところ

おしょうゆ,はちみつ,黄な粉が苦いです。

副作用を上手にコントロールして

いきたいです。