読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がんになるわけないと思っていたのに2つも見つかったricoの日記

がん告知(ステージⅠ)を受けて生活が一変しました。毎日の思いを記録します。

3月8日(水)外来受診 術後22日目 検査結果でず

今日こそ自分で運転していこうと思っていたのに・・・

やっぱり

自信がない。。。

一緒についていってくれることになっていた息子2号も一緒に

配偶者が車で送ってくれる。

病院着7時20分。

息子と二人でゆっくりコーヒータイム。

9時からの診察は,

一番に名前を呼ばれる。

先に処置があったので,息子は,外来で待つ。

処置が終わって先生からお話がある。

「申し訳ないけど,手術の時の検査結果は次回ですね。

 いろいろお話をしたいので

 次回は30分とれるところに予約をとりたいのですが,

 金曜日でも大丈夫ですか?」

「はい,いつでも・・・

 (ここに来るだけが今の私の仕事です。)」

今日が説明かと思って一緒にきてくれた息子には申し訳ないことをしたが

またしても

先になってしまった。

 

すぐに使える貯金は少しはあるので困らなかったが

がんと診断されてすぐにいただけるはずの保険会社からの一時金は

病理検査の結果がまだなので

診断書を書いていただけず

まだ,降りていない。

なんのための保険なんだろう。

そして,

手術前の検査も結構お金がかかっている。

手術代も・・・(少し安くすんだけど)

それでも保険会社からはまだお金が降りていないので

自分で出している。うたい文句は,がんと診断されたらすぐに・・・

って,どこの話よね。

 

この日も

どっと疲れて夕方まで寝てしまう。